フックアウトの原因と対策について。バラシを少なくするには??後編

フックアウトの原因と対策について。バラシを少なくするには??後編

皆様こんにちは!

だんだんと温かい日が多くなり、春が近くなってきましたね(^^♪

さて今回はフックアウトの原因と対策について。バラシを少なくするには??の

続きでございます。

 

6・軽くフッキングしているだけ??
 自分ではフッキングしているようでも、意外としっかり針が刺さって無くてフッキングできていない方もいます( ゚Д゚)
バット(パーミングしている手)にしっかり重さがかかるようにフッキングします。

 
7・途中何度もしつこくフッキングしている
 最初にフッキングしたにもかかわらずファイトの途中またロッドを煽る方が稀にいますが
 フックアウトの原因になるのでやめましょう('ω')ノ


8・ロッド、ラインのテンション抜けるようなフッキングしている
 万歳フッキングと言いましょうか…ロッドを煽るだけでリーリングができていない…
 フッキングと同時に素早くリーリングしロッド、ラインのテンションを維持しますが
 フッキングが上手く出来ていない場合はテンション維持を意識し、もう1度フッキングしましょう!


9・ポンピングしている時ロッド、ラインテンションが抜けている
ロッドを下げる早さに対しリーリングが遅い、、が挙げられます、
ロッドの曲り(テンション)を意識してリーリングしましょう(^^)/


10・そもそもフッキングしていない(フッキングすると口切れしてしまう魚は除きます)
  向こう合せ、、、、もありますがフックサイズや魚が大きくなるほどフックが貫通しにくくなるのでフッキングする事を心がけましょう



11・ランディングでばらす
 ランディングにもたつき魚が暴れフックアウト、、、、あるあるですね('Д')
1撃でネットイン出来るようにランディングしてくれる方とのタイミングが合うようにファイトしている人が「ちょっと待って!」とか「はい!」もしくは「せーの!」
と声掛けしましょう。
ダンマリでは、タイミングが合いません仲間内でも乗合でも声掛けをしましょう('ω')ノ



6~10 は釣り仲間にラインの端を掴んでもらいフッキング、ポンピングの動作
ロッド、ラインのテンションを確認し合って改善すると良いです。


等、他にも多くの原因、対策があります。

1つ1つ対策をし大物に挑みましょう(^^♪

ブログに戻る